Log in / Sign up

Log in

Works

乳母車「Pousse-Pousse」

baby_top

「赤ちゃん目線」を追求したプスプスは、ベビーベッドとベビーカー両方の機能を持つ優れもの。TOKYO UBAGURUMAで開発されてから25年間、職人の手で一つ一つ丁寧に作られてきました。プスプスを象徴するバスケットは、中で立ち上がれるほど大きく頑丈に作られており、3歳頃まで使えるだけでなく、双子や兄弟にもおすすめです。取り外しも可能で、どんな場所にも赤ちゃんと一緒に移動ができます。もちろん改札を通れたり、車のトランクにも積むことができます。赤ちゃんにより自由で、楽しい景色を見せてあげませんか?

baby_scene

本体セット

baby_colors baby_colors

フレーム:ブラック or ホワイト
ホイール:ゴールド or シルバー
計4種類の組み合わせからお選び頂けます。

baby_colors

フード:ブラック or ベーシュ or スカイブルー or ユマ
計4種類からお選び頂けます。

baby_colors

バスケット

オプション品(レンタル)

baby_fence

安全フェンス

つかまり立ち用の安全フェンスを取り付けることで、赤ちゃんがバスケットの中で立てるようになる一押しアイテム。赤ちゃんの自由な動きを妨げないので、のびのびとした成長を助けます。

baby_luggagetray

荷物トレイ

バスケットに入りきらない荷物や、靴など赤ちゃんを一緒に入れたくないものは荷物トレイを使えば余計なバッグを増やすことなく快適なお出かけができます。

オプション品(消耗品)

baby_mattress

マットレス

日本の布団の構造を基本にしたマットレスは、赤ちゃんの肌にも優しい天然のわたを使用しています。

baby_fittedsheet

シーツ

赤ちゃんの居場所はいつでも清潔で快適な環境にしたいもの。交換用のシーツがあれば洗濯のタイミングに悩むことはありません。

baby_curtain

カーテン

見た目の可愛さもワンランク上がるカーテンは、風邪やホコリから赤ちゃんを守ってくれます。

baby_raincover

レインカバー

バスケット全体をすっぽりと覆うレインカバーで、突然の雨でも安心してお出かけできます。

baby_tirecovers

車輪カバー

外でも室内でもプスプスを使いやすくする車輪カバーです。サッと取り付けられるので、お散歩から帰ってきて寝入ってしまった赤ちゃんをそのまま起こすことなくお家の中に入れてあげることができます。

Spec

Back to works

商品サイズ

baby_spec_size

サイズ:107cm/88~100cm/53cm(全長/高さ/幅)
*バスケットの高さ42cm / 台車の高さ37~42cm
重量:12kg
対象年齢: 0才(新生児)〜3才まで
耐荷重:30kg
製造:日本・インドネシア(バスケット) / 日本・台湾(タイヤ)

商品特徴

baby_spec_separate

1. セパレート

折りたたみはできませんが、バスケットとハンドルを外して車に積むことができます。

baby_spec_riding

2. 0~3歳

フラットで寝返りをうてるバスケットは生まれてすぐの新生児からお使い頂けます。つかまり立ちの安全フェンスを付ければ3歳頃までお使いいただけます。

baby_spec_wide

3. 実用的なサイズ

A型ベビーカーのサイズを基準にデザインされています。駅の改札やベビーカー置き場などでお困りになる事はありません。

baby_spec_basket

4. 手作りバスケット

ラタンの名産地、インドネシアの職人の手で編まれたバスケットは、日本の工場でも職人によって一つ一つ手作業で最終的な仕上げを行っております。 赤ちゃんの柔らかな指で触っても痛くないよう、細心の注意を払っています。大きなバスケットは赤ちゃんが自由に動き回ることができ、身体を縛られることがありません。

baby_spec_frame

5. 頑丈なフレーム

Babyのフレームには高強度ステンレスパイプを使用しています。使いやすく壊れにくい構造に設計しています。

baby_spec_evatire

6. パンクしない車輪

タイヤにはEVAという丈夫な発泡樹脂素材を使用していますので、パンクの心配もなくハードな使用でも安心です。直径30cmの車輪は、赤ちゃんの乗り心地とお母さんの押しやすさの両立させます。

baby_spec_susandbrake

7. サスペンション、ブレーキ搭載

でこぼこ道の衝撃を吸収する特殊ゴムとゲルのサスペンションと踏むだけで簡単にロックと解除ができるブレーキを標準装備しています。

Price

*表示の価格は全て税抜きです。

本体料金

9,000 YEN / 月
8,000 YEN / 月 (13ヶ月目~)
*バスケット、フレーム、ホイール、フードが含まれています。
*最低1ヶ月からのご契約になります。
*レンタル期間に応じて、30日を1ヶ月分として日割り計算致します。

オプション料金

安全フェンス:1,000 YEN / 月
荷物トレイ:500 YEN / 月
*本体と同様、最低1ヶ月からのご契約になります。
*レンタル期間に応じて、30日を1ヶ月分として日割り計算致します。

消耗品料金

マットレス:6,000 YEN
シートカバー(2枚):3,000 YEN
カーテン - ホワイト:4,500 YEN
レインカバー:4,500 YEN
タイヤカバー(1台分):1,500 YEN

配送料金

全国一律 往復9,000 YEN
*お客様負担となります。初回のお支払いに合わせてご請求致します。

料金システム

お客様よりご注文

オーダーメイド

弊社より商品発送(レンタル初日)

お客様のもとに商品到着、ご利用開始

返却申請(Myアカウントの注文履歴から行えます)

お客様より商品発送

弊社にて商品確認(レンタル最終日)

ご利用の際は、利用規約やプライバシーポリシーを必ずご確認ください。

Contact

Rules & Policy

利用規約(乳母車等貸渡契約書より抜粋)

「乳母車等貸渡契約書」

第1章 総 則

(趣旨)
第1条
1 貸主 合同会社B&W TOKYO(以下「甲」という。)と借受人(以下「乙」という。)はこの契約の定めるところにより、乳母車等及び関連商品(以下「乳母車等」という。 )を乙に貸し渡すものとし、乙は『甲の乳母車等は籐製で傷みやすいので、屋内で必ず保管し、大切に使用することを乙は承知して』これを借り受けるものとする。 なお、この契約に定めのない事項については法令または一般の慣習によるものとする。
2 乙と乳母車等を実際に使用する者が異なる場合は、使用者のいかなる事由に関しても乙が全ての義務と責任を負うものとする。

第2章 予 約

(予約の申込み)
第2条
1 乙は乳母車等を借りるにあたって契約および別に定める料金表等に同意のうえ、別に定める方法により、あらかじめ乳母車等の種類、借受予定期間、使用者、乳母車の付属品の要否、その他の借受条件(以下「借受条件」という。 )を明示して予約の申込みを行うことができる。
2 甲は、乙から予約の申込みがあったときは、原則として、甲の保有する乳母車等の範囲内で予約に応ずるものとする。
3 前項に基づき甲から乙に通知された金額の全額をクレジットカードもしくは現金により支払うことにより予約は完了する。

(予約の変更)
第3条
1 乙は、前条第1項の借受条件を変更しようとするときは、あらかじめ甲の承諾を受けなければならないものとする。

(予約の取消し等)
第4条
1 甲の都合により、予約が取り消されたとき、または貸渡契約が締結されなかったときは、甲は受領済の予約申込金を返還するものとする。
2 事故、盗難、不返還、リコール等の事由、他の借受人による乳母車等の返却遅延または天災その他の乙もしくは甲のいずれの責にもよらない事由により貸渡契約が締結されなかったとき、もしくは事前に予約された乳母車等を貸し渡すことができないときは、予約成立後であっても予約は取り消されたものとする。 この場合、甲は受領済の予約申込金を返還するものとする。

(代替乳母車等)
第5条
1 甲は乙から予約のあった乳母車等を貸し渡すことができないときは、乙に対し、予約と異なる乳母車等の貸渡を申し入れることができるものとする。
2 乙が前項の申入れを承諾したときは、甲は予約時と同等の借受条件で代替乳母車等を貸し渡すものとする。
3 乙は第1項の代替乳母車等の貸渡しの受入れを拒絶し、予約を取り消すことができるものとする。
4 前項の場合において、貸し渡すことができない原因が、甲の責に帰すべき事由によるときには、予約の取消しに準じて取り扱い、甲は受領済の予約申込金を返還するほかは、違約金等を払わないものとする。
5 第3項の場合において、第1項の貸し渡すことができない原因が、事故、盗難、不返還、リコール等の事由、他の借受人による乳母車等の返却遅延または天災その他甲の責に帰さない事由によるときには予約の取消しに準じて取り扱い、甲は受領済の予約申込金を返還するものとする。

(免責)
第6条
1 甲および乙は予約が取り消され、または貸渡契約が締結されなかったことについては、第4条および第5条に定める予約申込金場合を除き、相互に何らの請求をしないものとする。

第3章 貸渡し

(貸渡契約の締結)
第7条
1 乙は第2条第1項の定める借受条件を明示し、甲はこの契約・料金表等により貸渡条件を明示して、貸渡契約を締結するものとする。 ただし、貸し渡すことができる乳母車等がない場合、乙もしくは使用者が第8条第1項または第2項のいずれかに該当する場合、または乙がその他貸渡契約に関して必要な乙の情報提供や利用を同意しない場合を除くものとする。
2 貸渡契約を締結した場合、乙は甲に第10条第1項に定める貸渡料金を支払うものとする。
3 甲は貸渡契約の締結にあたり、乙および使用者に対し、運転免許証のほかに本人確認ができる書類の提示を求め、および提示された書類の写しをとることがあり、乙および使用者はこれに従うものとする。
4 甲は貸渡契約の締結にあたり、借受期間中に乙および使用者と連絡するための携帯電話番号等の告知を求め、乙および使用者はこれに従うものとする。
5 甲は貸渡契約の締結にあたり、乙に対し、クレジットカードもしくは現金による第2項の支払を求め、またその他の支払方法を指定することができるものとする。

(貸渡契約の締結の拒絶)
第8条
1 乙または使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、貸渡契約を締結することができないものとする。
(1)暴力団、暴力団関係団体の構成員もしくは関係者またはその他の反社会的組織に属している者であると認められるとき。
2 乙または使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、甲は貸渡契約の締結を拒絶することができるものとする。
(1)予約に際して定めた使用者と貸渡契約締結時の使用者とが異なるとき。
(2)過去の貸渡しにおいて、貸渡契約の支払を滞納した事実があるとき。
(3)過去の貸渡しにおいて、第16条各号に掲げる行為があったとき。
(4)別に明示する条件を満たしていないとき。
3 前2項の場合は乙の都合による予約の取消しがあったものとして取り扱う。

(貸渡契約の成立等)
第9条
1 貸渡契約は、乙が甲に貸渡料金を支払い、甲が乙に乳母車等を発送したときに成立するものとする。この場合、受領済の予約申込金は貸渡料金の一部または全部に充当されるものとする。
2 前項の引渡しは第2条第1項の借受開始日時までに、同項に明示された借受場所へ甲指定の方法により引き渡して行うものとする。

(貸渡料金)
第10条
1 貸渡料金とは、以下の料金の合計金額をいうものとし、甲はそれぞれの額または計算根拠等を料金表に明示する。
(1)本体料金
(2)オプション料金
(3)消耗品料金
(4)乳母車等取引料
(5)配送料金
(6)その他の料金
2 第2条による予約をした後に貸渡料金を改定したときは、予約時に適用した料金と貸渡し時の料金とを比較して低い方の貸渡料金によるものとする。

(借受条件の変更・自動更新)
第11条
1 借受期間満了後、乙が乳母車等を返還しない場合本賃貸借契約を一ヶ月自動更新する。自動更新した場合の本賃貸借契約の貸渡条件は更新前の契約の貸渡条件と同一にする。
2 前項により契約が自動更新された場合、乙は甲に対し遅延損害金を支払わない。
3 乙は貸渡契約の締結後、第3条の借受条件を変更しようとするときはあらかじめ甲の承諾を受けなければならないものとする。
4 甲は前項による借受条件の変更によって貸渡業務に支障が生じるときはその変更を承諾しないことがある。

(点検整備および確認)
第12条
1 甲は甲が定める点検をし、必要な整備を実施した乳母車等を貸し渡すものとする。
2 乙または使用者は前項の点検整備が実施されていることならびに別に定める点検表に基づく車体外観および付属品の検査よって乳母車等に整備不良がないことその他乳母車等が借受条件を満たしていることを確認するものとする。 乙は乳母車等を受取った当日に整備不良を確認し、要点検箇所がある場合は、スマホ等で乳母車等の写真を甲に送信する。
3 甲は、乙からの商品到着時の不良個所の連絡を受けた場合において、甲は前項により確認した乳母車等の不良個所等に必要な措置等を行う。

(貸渡証の交付・携帯等)
第13条
1 甲は、甲が定める事項を記載した貸渡証を乙に交付する。乙または使用者は貸渡証を紛失したときは、直ちにその旨を甲に通知するものとする。
2 乙または使用者は乳母車等を返還する場合には、同時に貸渡証を甲に返還するものとする。

第4章 使 用

(管理責任)
第14条
1 乙または使用者は、乳母車等の引渡しを受けてから甲に返還するまでの間(以下「使用中」という。)は、善良な管理者の注意義務と取扱説明書の使用方法を逸脱せず、乳母車等を使用し保管するものとする。

(点検)
第15条
1 乙または使用者は使用中の乳母車等について毎日使用する前に点検をし、必要な整備を実施しなければならないものとする。

(禁止行為)
第16条
1 乙または使用者は、使用中に次の行為をしてはならないものとする。
(1)乳母車等を所定の用途以外に使用しまたは第13条の貸渡証に記載された使用者および甲の承諾を得た者以外の者に使用させること。
(2)乳母車等を転貸し、または他に担保の用に供する等甲の権利を侵害することとなる一切の行為をすること。
(3)乳母車等を偽造もしくは変造し、または乳母車等を改造もしくは改装する等その原状を変更すること。
(4)甲の承諾を受けることなく、乳母車等を各種テストもしくは競技に使用すること。
(5)法令または公序良俗に違反して乳母車等を使用すること。
(6)取扱説明書の使用方法から逸脱して使用すること。
(7)前各号のほか、貸渡契約に違反する行為を行うこと。

(返還責任)
第17条
1 乙または使用者は乳母車等を借受期間満了時に甲が指定する方法により、甲の定める返還場所において甲へ返還するものとする。
2 乙または使用者が前項に違反したときは、甲に与えた一切の損害を乙と使用者は連帯して賠償するものとする。
3 乙または使用者は天災その他の不可抗力により借受期間に乳母車等を返還することができない場合には、甲に生ずる損害について責を負わないものとする。この場合、乙または使用者は直ちに甲に連絡し、甲の指示に従うものとする。

(返還時の確認等)
第18条
1 乙または使用者は乳母車等を返還する場合、通常の使用によって摩耗した箇所等を除き、引渡し時の状態で返還するものとする。
2 乙または使用者は、乳母車等を返還するにあたって、乳母車等内に乙もしくは使用者の遺留品がないことを確認して返還するものとし、甲は、乳母車等の返還後においては、遺留品については保管の責を負わないものとする。
3 乙は未清算の貸渡料金等がある場合は、乳母車等返還時までにその清算を完了しなければならないものとする。

(借受期間変更時の貸渡料金)
第19条
1 乙は第11第1項により借受期間を延長したときは、その変更後の借受期間に対応する貸渡料金を支払うものとする。なお、借受後に期間を短縮することはできない。

(返還費用等)
第20条
1 乙は所定の返還場所へ返送等により返還するための費用を負担するものとする。

(不返還となった場合の措置)
第21条
1 甲は、乙または使用者が借受期間満了にもかかわらず、所定の返還場所に乳母車等を返還せず、かつ、甲の返還請求に応じないとき、または乙の所在が不明となる等の理由により不返還になったと認められるときは、刑事告訴を行う等の法的措置をとるほか、必要な措置をとるものとする。
2 甲は前項に該当することになったときは、乳母車等の所在を確認するため、乙または使用者の家族、親族、勤務先等の関係者への聞き取り調査等を含む必要な措置をとるものとする。
3 第1項に該当することになった場合、乙または使用者は第26条の定めにより甲に与えた損害について賠償する責任を負うほか、乳母車等の回収および乙または使用者の探索に要した費用を負担するものとする。

第5章 故障、事故、盗難等

(故障発見時の措置)
第22条
1 乙または使用者は使用中に乳母車等の異常または故障を発見したときは、直ちに利用を中止し、甲に連絡するとともに甲の指示に従うものとする。

(事故発生時の措置)
第23条
1 乙または使用者は、使用中に乳母車等に係る事故が発生したときは、直ちに利用を中止し、事故の大小にかかわらず次に定める措置をとるものとする。
(1)直ちに事故の状況等を甲に報告し、甲の指示に従うこと。
(2)事故に関し甲および甲が契約している保険会社の調査に協力するとともに、必要な書類等を遅滞なく提出すること。
(3)事故に関し相手方と示談その他の合意をするときは、あらかじめ甲の承諾を受けること。
2 乙または使用者は、前項の措置をとるほか、自らの責任において事故を処理し、解決するものとする。
3 甲は、乙または使用者のため事故の処理について助言を行うとともに、その解決に協力するものとする。

(盗難発生時の措置)
第24条
1 乙または使用者は、使用中に乳母車等の盗難が発生したときその他の被害を受けたときは、次に定める措置をとるものとする。
(1)直ちに最寄りの警察に通報すること。
(2)直ちに被害状況等を甲に報告し、甲の指示に従うこと。
(3)盗難、その他の被害に関し甲および甲が契約している保険会社の調査に協力するとともに要求する書類等を遅滞なく提出すること。

(使用不能による貸渡契約の終了)
第25条
1 使用中において故障、事故、盗難その他の事由(以下「故障等」という。)により乳母車等が使用できなくなったときは、貸渡契約は終了するものとする。
2 乙または使用者は、前項の場合、乳母車等の引取りおよび修理等に要する費用を負担するものとし、甲は受領済の貸渡料金を返還しないものとする。ただし、故障等が第3項または第5項に定める事由による場合はこの限りでないものとする。
3 故障等が貸渡し前に存した瑕疵による場合は、乙は甲から代替乳母車等の提供を受けることができるものとする。なお、代替乳母車等の提供条件については、第5条第2項を準用するものとする。
4 乙が前項の代替乳母車等の提供を受けないときは、甲は受領済の貸渡料金を全額返還するものとする。なお、甲が代替乳母車等を提供できないときも同様とする。
5 故障等が乙、利用者および甲のいずれの責にも帰すべからざる事由により生じた場合は、甲は、受領済の貸渡料金から、貸渡しから契約の終了までの期間に対応する貸渡料金を差し引いた残額を乙に返還するものとする。
6 乙および使用者は、本条に定める措置を除き乳母車等を使用できなかったことにより生ずる損害について、甲に対し本条に定める以外のいかなる請求もできないものとする。

第6章 賠償および補償

(賠償)
第26条
1 乙または使用者は、乙または使用者が借り受けた乳母車等の使用中に第三者または甲に損害を与えたときは、その損害を賠償するものとする。

(後発的瑕疵による損害の発生)
第27条
1 乙または使用者が乳母車等を借り受けた後に発生した故障等により乙または使用者または近親者等に損害が発生した場合、甲は責を負わないものとする。

第28条
1 貸渡時点で甲が12条1項の点検をし、乙が12条2項の点検をしたにも関わらず発見することができなかった瑕疵により生じた損害については甲は責を負わないものとする。

第29条
1 乙または使用者が乳母車等の通常の使用方法によらずに使用したことにより故障・損傷・過度の摩耗等を生じた場合、乙は乳母車等の修理・買い替え等にかかる費用を負担するものとする。

第7章 解除、解約

(貸渡契約の解除)
第30条
1 甲は、乙または使用者が使用中にこの契約に違反したとき、または第8条第1項各号のいずれかに該当することとなったときは、何らの通知、催告を要せずに貸渡契約を解除し、直ちに乳母車等の返還を請求することができるものとする。この場合、甲は受領済の貸渡料金を乙に返還しないものとする。

(途中解約)
第31条
1 乙は本契約をいつでも解約することができる。乙の事情により本契約を解約した場合、解約日の属する賃貸借契約期間中の貸渡料金の返還を求めることはできない。ただし、翌月以降の賃料を前払いしている場合は、翌月以降の貸渡料金の返還を求めることができる。

第8章 情報の登録と利用

(個人情報の利用目的)
第32条
1 甲が乙または使用者の個人情報を取得し、利用する目的は次のとおりとする。
(1)貸渡契約締結時に貸渡証を作成する等のため。
(2)乙または使用者に対し、乳母車等、その他の甲が取り扱っている商品の紹介およびこれらに関するサービス等の提供ならびに各種イベント、キャンペーン等の開催について、宣伝広告物の送付、Eメールの送信等の方法により案内を行うため。
(3)貸渡契約の締結に際し、借受申込者または使用者に関し本人確認および審査を行うため。
(4)甲の取り扱う商品およびサービスの企画開発、またはお客さま満足度向上策の検討を目的として乙または使用者に対しアンケート調査を実施するため。
(5)個人情報を統計的に集計・分析し、個人を識別・特定できない形態に加工した統計データを作成するため。
2 第1項各号に定めていない目的で乙または使用者の個人情報を取得する場合にはあらかじめ利用目的を明示して行うものとする。

第9章 雑 則

(消費税、地方消費税)
第33条
1 乙は、この契約に基づく取引に課せらせる消費税、地方消費税を甲に対して支払うものとする。

(遅延損害金)
第34条
1 乙および甲はこの契約に基づく金銭責務の履行を怠ったときは、相手方に対し年率14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとする。

(反社会的勢力の排除)
第35条
1 甲、乙および使用者(以下乙および使用者を「乙等」という。)は現在および将来にわたり、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、保証する。
(1)暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下これを「暴力団員等」という。)。
(2)暴力団員に経営を支配され、または経営に実質的に関与されていると認められる関係その他社会的に非難されるべき関係にある者。
(3)自己もしくは第三者の不正利益目的または第三者への加害目的等、不当に暴力団員を利用していると認められる関係にある者。
(4)暴力団員等への資金等提供、便宜供与などの関与をしていると認められる関係にある者。
2 甲、乙等は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約する。
(1)暴力的または法的な責任を超えた不当な要求行為。
(2)脅迫的な言動、暴力を用いる行為をし、または風説の流布、偽計もしくは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為。
(3)その他前各号に準ずる行為。
3 乙等が前2項に違反したときは、第28条の解除事由に該当するものとし、これにより乙等に損害が生じた場合にも、甲はなんらの責任も負担しないものとする。

(細則)
第36条
1 甲は、この契約の細則を別に定めることができるものとし、その細則はこの契約と同等の効力を有するものとする。
2 甲は、別に細則を定めたときは、甲のホームページに掲載するとともに、甲の発行するパンフレット、料金表等にこれを記載するものとする。これを変更した場合も同様とする。

(合意管轄裁判所)
第37条
1 この契約に基づく権利および義務について紛争が生じたときは、訴額のいかんにかかわらず甲の本店の所在地を管轄する簡易裁判所をもって管轄裁判所とする。
貸主 〒182-0016 東京都調布市佐須町4丁目34番地6
合同会社 B&W TOKYO
代表社員 横田晋平

(料金表)
1.下記料金は全て消費税抜きです。
2.契約者様ご指定の場所へ商品が発送した時間帯を問わず、商品発送日をご利用初日(借受期間初日)とし、返却による弊社への商品到着日をご利用最終日(借受期間最終日)とします。
  例:1月5日商品発送(弊社)、2月8日に商品到着(弊社)の場合は35日と計算し、1月分月額料金+5日分日割り料金
3.最低1ヶ月の利用契約とし、月途中の場合は1ヶ月を30日として日割り計算とします。
4.契約成立日の料金が適用となります。契約成立前には料金変更の場合があります。
5.本料金表は2019年1月1日から適用します。
「本体料金」
9,000 YEN/月
8,000 YEN / 月 (13ヶ月目~)
*バスケット、フレーム、ホイール、フードが含まれています。
「オプション料金」
安全フェンス:1,000 YEN / 月
荷物トレイ:500 YEN / 月
「消耗品料金」
マットレス:契約初回は無料。追加分は6,000 YEN
シーツカバー(2枚):3,000 YEN
カーテン-ホワイト-:4,500 YEN
レインカバー:4,500 YEN
タイヤカバー(1台分):1,500 YEN
「配送料金」
全国一律 往復9,000 YEN
*お客様負担となります。初回のお支払いに合わせてご請求致します。
【注意事項】
1.ご返却時にはオプション品など返却物の同封忘れにご注意ください。
2.ご利用にあたりご不明点は必ず弊社にご相談ください。

以上
2020年1月10日最終改定


プライバシーポリシー

合同会社B&W TOKYO(以下、「弊社」といいます。)は、個人情報保護を弊社の重要な責務と認識し、「乳母車等のレンタルや売買等」(以下、「本サービス」といいます。)を利用する個人および法人(以下、ユーザー)の個人情報は弊社が定めるプライバシーポリシーに則り、その収集や取り扱いには細心の注意を払います。本サービスでは、本サービスをご利用いただくにあたって、ユーザーに個人情報を登録していただく場合があります。 ご登録いただいたユーザーの個人情報は、次の目的のために使用し、その情報は厳重に管理します。
1. 本サービスの提供・管理・運営のため。
2. ユーザーが本サービスを利用するにあたり必要な連絡をするため。
3. 本サービスの運営を目的とする個人情報が特定されない統計データを収集・作成送付するため。
4. 安心取引を目的としたエスクローサービスを提供するため。
5. 安心取引を目的とした本人確認サービスを提供するため。
6. 信頼性向上を目的としたユーザーランクサービスを提供するため。
7. ユーザーが本サービスを利用するにあたりSNS等の外部サービスとの連携を許可した場合に、当該外部サービス上登録された情報を本サービスにおいて使用するため、又は当該外部サービスに対し情報を提供するため。
8. 本サービス及び弊社の提携先の提供するサービスに関する情報及び広告を、電子メールその他の方法で提供するため。
9. お問い合わせに返答するため。
10. ユーザーのメディア取材を行うため。
11. ユーザー参加型のイベントを開催するため。
12. その他、ユーザーの同意を得た目的のため。
13. 前各号のほか、個人情報保護法によって許された目的のため。
上記以外に利用の必要がある場合は、事前にその旨を連絡させて頂きます。
本サービスがユーザーの個人情報を利用又は第三者に開示するのは、下記の場合に限ります。
1. ユーザー、その法定代理人又は成年後見人が同意を与えた場合。
2. ユーザーと弊社が本サービスに関する契約の当事者になった場合で、当該契約の準備又は履行のため必要な場合。
3. 本サービスに関し弊社が従うべき法的義務のため必要な場合。
4. ユーザーの生命・健康・財産等の重大な利益を保護するため必要な場合。
5. 公共の利益の保護又は本サービス若しくは個人情報の開示の対象となる第三者の法令に基づく権限行使のため必要な場合。
6. 弊社が本サービスの提供を第三者に委託し、又は請け負わせる場合。
7. 本サービスが、ユーザーの属性の集計、分析を行い、個人が識別・特定できないように加工したもの(以下「統計資料」と称します)を作成し、新規サービスの開発等の業務遂行のために利用、処理する場合。また、本サービスが、統計資料を業務提携先等に提供する場合。
8. ユーザーの利益を侵害しない範囲内において、本サービス及び個人情報の開示の対象となる第三者その他当事者の利益のため必要な場合。
9. 申出が、裁判所、検察庁、若しくは行政機関の命令に基づく場合、または警察等の行政機関から捜査権限を定める法令に基づき正式な照会を受けた場合、プロバイダ責任制限法その他の法令に基づく場合、又は弁護士法23条の2等の法令に基づく申出に伴う場合(法令に定める要件充足性は弊社が判断できるものとします)。
10. ユーザーが未成年者である場合であって、その親権者若しくは法定代理人から開示の要請があった場合、又は、ユーザーが成年被後見人であって、成年後見人から開示の要請があった場合。
11. 弊社が、本サービスにかかる事業を第三者に譲渡した場合(ここには、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含みます)。
12. 前各号のほか、個人情報保護法によって許された目的のため。

以上
2019年12月1日最終改定


Cookieポリシー

合同会社B&W TOKYO(以下、「弊社」といいます。)は、当社が運営するサービス「乳母車等のレンタルや売買等」(以下、「本サービス」といいます。)において、利用者の皆様に最適化したサービスを提供するために、Cookie及びCookie同様の技術(以下、「cookie等」といいます。)を利用しています。利用者の皆様は、「Cookie等の利用に関するガイドライン」(以下、「本ガイドライン」といいます。)の内容をご確認頂いた上で、本ガイドラインに同意した上で、本サービスをご利用ください。本サービスをご利用される場合は、本ガイドラインの内容に同意したものとみなします。

1. Cookie等について
Cookie等とは、サービス提供者が、利用者に関する情報を利用者の端末に一時的に保存する技術のことで、サービス提供者は、Cookie等を利用することにより、利用者が再度サービスを利用した際に、利用者ごとに最適化されたサービスを提供することができます。
2. Cookie等による取扱情報について
当社は、Cookie等において利用者の端末の識別情報その他利用者に関する情報を取り扱いますが、利用者が本サービスにおいて個人情報を入力しない限り、当該情報から特定の個人を識別することはできません。当社による当該情報の取扱いについては、当社の個人情報保護基本方針をご確認下さい。
3. Cookieの無効について
ウェブサイトの利用者は、ブラウザの設定においてCookieの機能を無効にすることができます。この場合は、本サービスの一部が利用できなくなることがありますので、あらかじめご了承ください。
4. 第三者によるCookie等の利用
当社は、利用者による本サービスの利用状況の分析、利用者に対する適切な広告配信等のために、以下の第三者が提供するサービスを利用しています。これにより、利用者が本サービスを利用した際に、当社又は第三者が発行するCookie等をもとにして、当該第三者が利用者の端末の識別情報その他利用者に関する情報を取得することがあります。当該情報には、特定の個人を識別する情報を一切含みません。第三者による当該情報の取扱いについては、以下の各社のプライバシーポリシーをご確認下さい。なお、第三者によるCookie等の利用をご希望されない場合は、以下の各社のページから、無効化(オプトアウト)の手続を行って下さい。
5. 本ガイドラインの改訂
当社は、本ガイドラインを当社の判断により任意に変更することができるものとします。当社は、本ガイドラインを変更する場合、本サービス上に掲載する方法により利用者に通知するものとし、利用者は、当該変更通知後、利用者が本サービスを利用したことをもって、変更後の本ガイドラインの内容に同意したものとみなします。

以上
2019年12月1日最終改定

特別商取引法に基づく表記

運営

合同会社 B&W Tokyo

代表責任者

代表社員 横田晋平

所在地

〒182-0016
東京都調布市佐須町4丁目34番地6

営業時間

平日 9:00〜18:00
※年末年始等はお休みとなります。

お問い合わせ先

電話番号 : 090-7183-0560
メールアドレス : info@bw-tokyo.com
なお、こちらのフォームからでもお問い合わせ可能です。

商品価格

商品ごとに記載

商品代金以外の必要料金

消費税・配送料
※レンタル契約時と商品購入時で配送料が異なります。

-レンタル契約時
配送料:全国一律、往復9000円(税抜)

-商品購入時
配送料:全国一律、1000円(税抜)

お支払方法

クレジットカードのみ

ご利用いただけるクレジットカードは、VISA, MASTER, JCB, Amex, Diners, Discoverの6種類のカードです。
※上記カードであっても発行形態によりご利用になれない場合がございますので、予めご了承ください。
※支払回数は1回払いのみとなります。

お支払時期

-レンタル契約時
レンタル契約時、および、毎月更新時に課金対象となり、クレジットカード会社が定める引き落とし日に支払いとなります。

-商品購入時
商品ご注文時に課金対象となり、クレジットカード会社が定める引き落とし日に支払いとなります。

引き渡し時期

一部商品を除きご注文日より14日営業日以内に宅配便にて発送いたします。(地域と発送事情により、多少遅れる場合もございます)

返品・交換不良品

-レンタル品の場合
レンタル品到着後8日以内に、お問い合わせメールアドレス、あるいは、お問い合わせフォームにご連絡願います。その際、原則として未使用の商品に限定させていただきます。
不良品や品違いの場合は、弊社負担とさせていただきます。お客様のご都合による場合は、申し訳ありませんが、お客様の送料ご負担にて返送してください。

-購入品の場合
商品到着後8日以内に、お問い合わせメールアドレス、あるいは、お問い合わせフォームにご連絡願います。その際、原則として未使用・未開封の商品に限定させていただきます。
不良品や品違いの場合は、弊社負担とさせていただきます。お客様のご都合による場合は、申し訳ありませんが、お客様の送料ご負担にて返送してください。

個人情報について

詳細につきましては「プライバシーポリシー」をご覧ください。

Question

<よくある質問>

Q1. レンタル品の在庫はどの程度ありますか?

ご要望にお応えできるよう十分に数量を取り揃えておりますが、10台以上のレンタルの場合は一度お問い合わせ頂ければ幸いです。

Q2. 中古品とのことですが、汚れやメンテナンス状況が気になります。

乳母車「プスプス」は「丈夫で長持ち」といわれ、ご友人同士で譲渡されるケースもあります。中古品のためタイヤに若干の走行跡がありますが、ほぼ新品同様にクリーニングやメンテナンスを行っております。また、ゴムパット等の部品の交換も行っております。

Q3. 申し込んでから届くまでにどの程度かかりますか?

通常、申し込み後通常3~4営業日での出荷となります。輸送期間が2日程度ですので、合計で5~6日程度でご到着致します。
十分に数量を取り揃えておりますが、レンタル品の在庫が不足している場合、2週間程度お時間を頂く場合がございます。上記の場合はご連絡させて頂きます。

Q4. キャンセルしたい場合は、どうすればいいですか?

レンタル品の発送前であれば対応可能の場合があります。お問い合わせフォーム等より、お早めにご連絡をお願い致します。
発送後は、使用未使用に関わらずキャンセル料として1ヶ月分の料金をご請求させて頂きます。

Q5. レンタル品を返却する時の手順を教えてください。

1.サイトのMyアカウントにログインして頂き、注文履歴ページに移動してください。
2.該当するご注文の詳細ページから「返却申請」を行ってください。
3.レンタル品を段ボールに入れていただき、同封した返却用伝票を使って発送してください。

Q6. レンタルをしたいのですが、数か月先を予定しています。レンタルの予約は可能ですか?

レンタルのご注文はクレジットカードの引き落としと紐付いているため、ご利用開始を予定しているタイミングでレンタルの申し込みをお願いいたします。
なお、ご利用されたい乳母車の色や開始予定日などが既にお決まりでしたら、お問い合わせフォームよりご連絡頂けると、すぐにお届けできるよう準備いたします。

Q7. 今使っているレンタル品を買い取りたいのですが、可能ですか?

申し訳ありませんがレンタル品の販売は行っておりません。

Q8. 引き落としのタイミングを教えて下さい。

毎月のお引き落としのタイミングは、弊社から出荷された日をレンタル開始日とし毎月同じ日にお引き落としを致します。
また、31日に出荷した場合は月末締め扱いになり、毎月末日にお引き落としさせて頂きます。

※デビットカード・プリペイドカードをご利用の方
毎月のお引き落としとなりますので、口座の残高にご注意頂きお早めに引き落としのご準備をして頂くようお願い致します。

Q9. 返却時の日割り計算方法について教えて下さい。

商品をご返却頂き、弊社にて到着を確認した日がレンタル終了日となります。
レンタル最終日が月途中の場合、1ヶ月を30日として日割計算を行い、超過分は返金処理を致します。

Q10. レンタル品の返送方法を教えて下さい。

商品返送の際には、商品が届いた時に入っていた箱をご使用頂き、取扱説明書や納品書などと同封されている返送用の着払い伝票を箱上面に貼り付けて「クロネコヤマト」にてお送りください。
なお、お荷物はクロネコヤマトにお電話していただければご自宅まで集荷に来て頂けます。クロネコヤマトにお電話の際に「着払いのヤマト便を2個口での発送です」とお伝えいただけるとスムーズです。
箱の大きさは、高さ50cm 幅55cm 奥行き90cm 三辺の合計 195cmとなっております。

Q11. 返送用の箱を無くしてしまいました。どうすれば良いですか?

返送用の箱を紛失された際は、段ボール箱等を組み合わせて代用して頂くこと可能です。なお、必ず緩衝材を使い、しっかりと梱包して頂きますようよろしくお願い致します。

※ご利用の際は、利用規約やプライバシーポリシーを必ずご確認ください。

※その他のご質問は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。